かゆらな日記

3歳&0歳の娘の育児記録と、思うこと。

3歳&4ヶ月になりました

すっかりブログの更新を後回しにしている日々。
約3ヶ月も放置していたことに気付いてビックリ!

早いもので長女は3歳、次女は4ヶ月になりました。
最近の様子を記録しておきます。


3歳になった長女、最近はジグソーパズルにはまっています。

子ども向けの小さめのジグソーパズルなら、あっという間に完成できるように。

2歳頃はまだパズルにあまり興味がわかないようでしたが、祖父母からもらった簡単な動物パズルがきっかけになったようです。
これ。

最初に一緒にやってみて全部完成したら、次からは一人でできるようになりました。
どうやら一度完成形を覚えると早いみたい。

それから、幼稚園のプレの2学期から、少しずつひらがなを読む練習が始まりました。
娘にはまだ難しいんじゃないかなぁと思ってましたが、意外にもどんどん覚え始めました。

字を書くことはまだまだできませんが、書こうとはします。
全く読めないけど何となく伝わってくるような不思議な文字たちが、ちょっとおもしろいです。

そういえば、なぜか娘は2歳頃から、しまじろうのことを いちじろう と言っていました。

いちじろうって誰w

それが3歳になった途端、しまじろう、と正しく言うようになり…

お話が上手になっていくのはうれしいけど、娘ならではの言い間違いが少なくなっていくのは、ちょっと寂しい。


それから、4月からの幼稚園準備で、絵本バッグや上履き入れなどのいわゆる入園グッズを作り始めています。

娘が毎日使うものだから気に入ってもらえるように、かわいい生地や色合わせを考えたり、そして使う姿を想像しながら作るのはとても楽しいです。


次女のことも。

大きく生まれた娘ですが、もうすぐ5ヶ月を迎える最近は平均的な大きさになってきました。

一度、体重の増えがゆるやかになった時に桶谷の母乳マッサージを受けに行ったりもしました。

それが、めちゃくちゃ痛かった!

オケタニのマッサージって痛くないのが売りじゃなかったの!?
と、思いながらも聞くことはできず悶絶しながら痛みになんとか耐えたのですが、どうやら少し詰まっていたせいで痛かったようで、マッサージが終わってみると出がよくなっていてビックリ。

それからは順調に成長しており、とりあえず母乳オンリーで今日まできました。

あと、次女は寝かしつけがとってもラクなのが本当にありがたい。
授乳するか、立て抱きでトントンすれば大抵すぐ寝ます。
しかも私自身は座りながらの抱っこでOKという。

長女の時は、座りながらの抱っこだとクスンクスンとぐずるので必ず立ってゆらゆら抱っこしてたのに。

そして最近は気が付くと横向きになってたりするので、寝返りまであとちょっと、という感じです。


今月中旬には、もう満5ヶ月。

もうすぐはじまる離乳食のことを考えると面倒でちょっと憂うつになります。

でも、あっという間に新生児期が終わってどんどん大きくなってしまうのが寂しく思うこの頃、今の赤ちゃん時代の可愛さをとことん味わいたいです。

とりあえずここまで。

二人目育児に慣れない日々

育児は、慣れるものではないとは思うけど。

二人の娘のお世話に追われていて余裕がないという意味で、二人目育児には全然慣れません。

先週は、上の娘の幼稚園の出願・選考・手続きが終わりました。

プレに入るときもかなりドキドキでしたが、これから本当にいよいよ娘が集団生活に入る、社会に関わっていく、ということにとても緊張します。

無事、プレに通っている幼稚園に入園できることになりましたが、選考の際の娘の様子や、自分の受け答えのうすっぺらさに、後からどんどん自信がなくなってしまい。

他の人と比べることはしない!娘は娘!と思ってきたはずが、すらすら話ができる他の子を見て、完全に比較して自分の育児が間違っていたような気持ちにまでなってしまいました。

娘には「できること」がいっぱいあるけど、まだ「できないこと」もいっぱいある。

その「できないこと」に対して、私は娘が早生まれであることを理由にしすぎていたのだろうか。

今は、かなり悩んだ末に、やっぱり娘は娘、他の子と比べてしまって娘に申し訳ない、と思っています。
でも、幼稚園に入園してからみんなについていけるだろうか?という不安はまだ消えません。

下の娘が生まれてから上の娘との時間はやっぱり少なくなってしまい、このままじゃダメと思いつつうまく時間をやりくりできないのが、もどかしい。


今日は幼稚園のプレでした。

子供がハサミやのりを使ってひらがなカードを作り、お母さんが作った封筒に入れて、自分で自分のバッグにしまう、という流れで。

私は封筒に娘の好きな食べ物をいっぱい描いたのですが、それを娘がとっても気に入ってくれて。
次の違う遊びが始まっても、ずーっと手放さず持ってました。

バッグにしまっておこう!って先生に言われても嫌がり、ちょっと困ってしまい。
他の子はちゃんとしまってるのに、と比べてしまいそうなところ…

なんだか不思議と、とても嬉しくなってしまいました。

そう思ってしまうのは、ダメなのかな。

こんな未熟なお母さんの作った封筒を大事に持って嬉しそうにしている娘の姿を見て、

幸せだなぁ。

ってしみじみ感じました。

もちろん、ちゃんとしまえるようにならないといけないけれど。
あまり焦ることなく娘の成長のペースにあわせていきたいなぁと、改めて思いました。


下の娘は、お世話に追われてるといっても決して手の掛かる子ではありません。

あと3日で満二ヶ月。
少し緩やかになりましたが順調に大きくなり、気になっていた頭血腫も少しずつ小さくなり、乳児湿疹も上の娘の時よりはるかに軽く済みました。

上の娘は最初の頃ずっと便秘がちで悩みましたが、下の娘は便秘とは無縁。

いまは本当に順調にすくすく成長しています。

二人の娘に感謝しながら、もうちょっと頑張ります。

【二人目1ヶ月1日】生後1ヶ月を迎えました

次女、昨日で生後1ヶ月を迎えました。
人生で一番早いと感じた一ヶ月間だったなぁ。

旦那の育休も終わって、昨日から平日の日中は二人の娘と三人で過ごすことになりました。

しかも初日の昨日は長女のプレがあり、次女をインサート付きのエルゴで抱っこして行ってきました。

この1ヶ月は旦那と参加していた長女。
旦那と一緒の時にできたことが私と一緒の昨日はできなかったらしく、先生が「お母さんだから甘えちゃったのかな~?」と言ってました。

確かに、ずーっと私の方を見てたりなかなか離れられなかったり、一学期よりも私を意識しているような。

でも、のりを使って折り紙を貼ったり、踊りや手遊びは本当に上手になっていて、成長ぶりをたくさん見られて嬉しかった!


そしてこの1ヶ月で一番成長したのはもちろん次女。

次女は、長女とは全く違う赤ちゃんでした。
…あたりまえ?

まず、体重。
生まれた時点で長女の1ヶ月検診の時の体重を越えているので、とにかく大きくて、新生児という感じがあまりしませんでした。

大きいからなのか分かりませんが、手足の動きや、あー、うーなどの声を出す等成長が早い気がします。
まだ首がすわってないはずなのにうつ伏せ状態に抱っこすると頭を持ち上げたり。

一番ありがたいのは、授乳が早めに軌道に乗ったこと。

長女の時はおっぱいトラブルも多かったし分泌がよくなるまでかなり時間がかかってしまったのですが、次女は最初から飲むのが上手でよく吸ってくれて、入院中に足していたミルクも退院してから残したり飲まなくなり、すぐに完母になりました。

長女の時は混合のバランスで結構悩んだので、今回ミルクを足さないことで体重の増えが心配でしたが、昨日の1ヶ月検診で1日35g増、約4700gまで大きくなったので、先生にもこのままでOKと言ってもらい安心しています。

ちなみに身長も産まれた時は54cmでしたが、57cmに成長していました。
長女は1ヶ月の時に52cmだったのに…!

ひとつだけ心配なことは、頭に柔らかいふくらみがあって。
1ヶ月検診で聞いたら頭血腫といわれるもので、出産時に産道を通るときにできるものらしく、次第に吸収されて小さくなるから心配しないで大丈夫と言われてホッとしてます。
でも見た感じやっぱり気になるので、早く小さくなってほしいなぁ。

それから。

長女の赤ちゃん返りも思ってたほどではありません。
むしろ赤ちゃんをとっても可愛いがってくれるので、びっくりしています。

次女の抱っこ中や授乳中、私と一緒に遊びたがったり何かを要求してきて、それにすぐ応えられないとちょっとイヤイヤする位。
それは当然だと思うので、なるべく長女優先にするようにしてますが、長女も本当に無理なことはあまり要求してこないので、我慢させてしまってるのかなぁと。

最近は、疲れたなって思ったら二人の娘と一緒にゴロンと横になることが定番です。

長女も次女の隣に嬉しそうにゴロンゴロンと転がったり、赤ちゃん赤ちゃん言って次女の手を握ったり頭を撫でたり、やさしく相手をしてくれます。

次女も、お姉ちゃんのスキンシップがとっても嬉しそうな表情をします。
そして私の胸の上で、気付いたらスヤスヤと寝てたり。

タイミングよく二人とも同時に眠ってくれたら、二人の寝顔を見ながら、私も寝ちゃいます。

それが、今一番のと~っても幸せな時間です。

【二人目0ヶ月16日】産後うつ終了

次女が生まれて早半月。

入院中、そして退院してから、旦那と何回ぶつかったでしょう…!

そのほとんどが私から旦那の行動を指摘することから始まり、旦那は平謝り。
それが、本心は納得してないのにただ謝ればいいんでしょ的なごめんだったりするので、私も納得できなくて。

例えば、前もってお願いしていたことができなかったり、長女のグズグズに対応できず放置してたり、どうも私もそれを流すことができなくってつい指摘してしまって。

そしてそれが伝わってないと、涙が止まらなくなります。
泣き出すと全くコントロールできなくなり、自分でいやになるほど。

旦那はそんな私の感情の変化をすべて産後うつのせいだと思っています。
私も涙が止まらないのはそうだろうと思うのですが、産後1ヶ月を二人で乗り切ろうとする中でぶつかることなんて当たり前だと思うし、ちゃんと思ってることを伝えないと1ヶ月持たないから話し合いたい、って思うのは産後うつなのかなぁ、と思ったり。

元々私はめんどくさい性格で、旦那はそれをかなり受け入れてくれるおおらかな性格。

普段からぶつかるというか、私が一方的に怒っていることの方が多いので、今の時期もそれとあまり変わらない気がしていたのですが。

とにかく、先週までは毎日のようにそんな言い合いをちょくちょくしてたのですが、今週は、見事にパッタリなくなりました。

旦那は特に変わった様子なく、私自身が旦那に対していちいち気にならなくなり。
あぁ、やっぱりあれは産後うつだったのかなぁと。

旦那には、イライラをぶつけまくってごめんねと、ひたすら謝りました。

また復活するかもしれませんが、とりあえずは大変ながらも賑やかで楽しい4人家族の生活を過ごしております。

【二人目0ヶ月10日】出産当日のこと

早くも生後10日を迎えた次女。
もう、ずーっと前から4人家族だったような感じすらしています。

2歳の長女と、赤ちゃんの次女との生活は、今のところ想像していたものと違って、比較的穏やかな時間を過ごしています。

そろそろ出産当日のことを思い出してみます。

出産予定日のAM3時頃。

なんとなーく長女の時と同じように深夜に陣痛が来るような気がしていたので、予定日のこの日は一層眠りが浅く、お腹の張りが強くなってきたことにすぐ気が付く。
トイレに行ったら、明らかなおしるし
一人目の時より量も多くてビックリ。

張りと共に結構痛みもあるので陣痛タイマーで40分ほど計ってみると、既に7~10分間隔。
産院に電話したら即入院とのこと。

陣痛タクシーに電話。
2件登録しておいたうち1件目に電話すると配車まで50分待ちとのこと。
慌ててもう1件の方に電話すると、遅くても10分で迎えに行きますと言われホッとする。
2件登録しておいて良かった!

旦那に、朝になったら娘と来てもらう流れを確認し、爆睡している娘にいってきますを言って家を出る。
ひとりで向かうのはちょっと心細かったけど、なんだか冷静だった。

AM4時半、産院到着。

陣痛室で着替えてNST
陣痛は約7分間隔。
子宮口の開き具合はこの3日前の健診のときと同じ4センチ。
陣痛ピーク時はちょっと辛いけど、横になっていれば我慢できる強めの生理痛のような痛み。

AM7時頃

陣痛は5~7分間隔。
イマイチ進んでる感覚はないんだけど、痛みは強くなってきたようでピーク時は手に力が入って呼吸に集中しないと越えられない程度に。
子宮口は5~6センチ、赤ちゃんはかなり下がってきたと言われる。

AM8時頃

朝食が運ばれてくるが、既に食べる余裕は全くなし。
陣痛時用のメニューらしくおにぎりと味噌汁の他ゼリー飲料などが並んでた。

元々LDRを希望してたんだけど、お産が重なっていたため、ここでやっとLDRに移れることに。
子宮口全開になる前でよかった!

AM8時半

子宮口7~8センチ。
一人目の時の息み逃しは、旦那にお尻をテニスボールで押してもらってもどうしてもいきんでしまい、赤ちゃんが苦しんでると思いながら陣痛に耐えるのがかなり辛かった。
今回は自分一人なので、とにかく呼吸に集中していただけなんだけど不思議といきまずにいられた。

AM9時

子宮口はまだ全開ではないけど、陣痛の間隔が短くなってきて、助産師さんに「そろそろいきんでみましょうか?」と言われる。
もういきんでいいの!?という感じでびっくりする。
少しずついきみ始める。

AM9時半

旦那到着。
娘は託児室へ。

旦那が間に合ってよかった。
助産師さんが「赤ちゃんはきっとご主人を待ってたんですね~」と言う。
そうだなぁと思いながらも、もし陣痛室にいる時に来てたら返って私が弱音を吐いたり息み逃しもうまくできなかったと思うので、いいタイミングで来れたなぁ~と思う。

まもなく子宮口は全開に。

赤ちゃんの髪の毛が見えてきた頃にはとにかく痛くて痛くて我を忘れて叫んでました。
そのためこのあたりから生まれるまでの経過をあまり覚えておらず。

ただひたすら、もうすぐ赤ちゃんに会える!ということだけは頭の中でずーっと復唱していました。

そして気付いたら旦那が
「出てきた!」
と言い、あぁ、やっと終わるんだ…!と。

大きな産声が聞こえて、いっぺんに空気が変わりました。

そこからは、あっという間に赤ちゃんが私の胸の上に。
お腹の上にいるときと、お腹の中にいるときが、全く同じ感触!!!と思いました。

その後の処置も予想どおりなかなか壮絶でしたが、長女の時よりも早く終わって安心したのは覚えています。

また、託児に預けている長女もすぐ連れてきていいとのことで旦那が迎えに。

赤ちゃんに初対面した長女は、笑顔で「赤ちゃん!」と行ってすぐに近づき、頭をそっと触ってくれました。

涙がでるほど嬉しかった!

すんなり受け入れてくれるとは思ってなかったのでびっくり。
もちろん、このあと入院中にやっぱりやきもちを妬いたりしたのですが、最初の娘の笑顔は、忘れられない思い出です。

出産はもういい…と思えるくらいに辛かったけど、やっぱり無事に生まれてきてくれた赤ちゃんをこの手で抱いた時の気持ちは何物にも代え難く。
しばらくは幸せの余韻にどっぷり浸りたいです。

【二人目0ヶ月5日】二人の娘との入院生活

生後4日目の9月17日、無事に次女と一緒に退院して自宅に帰ってきました。

入院中は気が張ってたのか、家に帰ってきた途端に疲れがどっと出て、動けないくらいに。

それでもやっぱりわが家は落ち着く!
授乳後に二人の娘と一緒にぐっすり昼寝。
幸せ。

出産当日を含めて5日間の入院生活。
一人目の時は7日間だったので短いとはいえ、今回一番の心配は長女と離れて過ごすことでした。

長女が生まれたばかりの次女と初対面した時、受け入れてもらえるかドキドキしましたが、赤ちゃん!と言ってニッコリ笑って近づいてナデナデしてくれました。

その後も意外にも特に変わった様子もなく、いつも通りの長女に少し安心したものの、本当はショックなんじゃないか?無理しているんじゃないか?と返って不安に。

そして案の定。
その日の夕方、長女は旦那と自宅に帰り、初めて私と離れて眠る時になって、泣き出したそうです。

あとになってそれを聞いてたまりませんでした…
もちろん想定していたことですが、実際に泣かれるとこんなに辛いとは。

でも翌日の面会時間に再び病室に来た時は、ゴキゲンな笑顔で再開。
家族4人で楽しく過ごすも、再び帰る時間なって、私が帰らずに病室に残ることに気がつくと、表情が悲しそうな顔に一変。

それでも、涙をこらえて帰ろうとしたり、でも帰りたくないと動かなくなる姿に、私も泣きそうに。

結局そのままちょっと強引に一度離れてみましたが、病院の入り口まで行ったらずっと泣きやずに帰るに帰れなくなり。

その日から母子同室だったのでとても迷いましたが、こういう時のためにも旦那と上の子も宿泊できる産院を選んだのもあったので、帰るのをやめて一緒に泊ることになりました。

ただ病室で私が赤ちゃんに付きっきりなことで、かえって寂しくさせないか?と不安でしたが、旦那とうまく交代しながら、長女ともなるべくくっついて眠り、なんとか無事に過ごせました。

長女は何度か赤ちゃんの泣き声で起きてしまいましたが、だんだん慣れていったのか、そのうち起きることもなくぐっすり眠りました。

朝、起きた長女がニコニコしていつもの「おあよー(おはよー)!よくねた!」と言った時は、心底ホッとしました。

2歳でもとてもよく色んなことをわかっていて、私や旦那のこともよく見ているんだなって改めて実感。

その後は結局退院するまで家族みんなで病室に泊まったので、私自身も心強い入院生活でした。

最初からみんなで泊まる選択をしていたら長女の様子もまた違っていたのかもしれませんが、一度離れてみたことで気付けたことが沢山あったと思っています。

こうやって振り返ると、入院生活は赤ちゃんのことより長女とのことで頭がいっぱいだったみたいですが、もちろん赤ちゃんのことも色々ありました…!

でも赤ちゃんは大きく生まれたからか、おっぱいもよく飲んで、よく眠って、声も大きく元気で、育てやすい子かなって。今はそれが本当にありがたいです。

出産レポもこれから少しずつ書いていきたいと思います。

第二子、無事出産しました!

本日、出産予定日の9月13日、10時50分。

体重なんと3912g、身長54cmという、大きな大きな女の子を無事に出産いたしました!

毎回の健診で大きい大きいと言われ続けていたのでそれなりに覚悟はしてましたが、そこまで大きいとは…ビックリ!

途中までは順調に陣痛も進んで、一人目の時に全然できなかったいきみ逃しも今回は結構頑張ったのに、最後はなんだか未知の領域に入ってしまい大絶叫。
完全に痛みに負けてしまいましたが、無事に産まれてくれた娘の姿をみたら、本当に全てが吹っ飛びました。

どっしりと大きくて、一人目にそっくりな二人目の娘。
可愛くて可愛くて、もうたまりません!

母子同室になるのは明日からなので、今日はちょっとさみしい。
早くおっぱいもあげたいのに、産院の方針で授乳は出産翌日からとのことで、がっくり。

今日はとにかく身体を休めることに専念したいと思います。

とりいそぎご報告でした!