かゆらな日記

3歳&0歳の娘の育児記録と、思うこと。

妊活のきっかけ

せっかくブログをはじめたので、 妊活をはじめた頃のことから振り返ってみます。

私は昨年2012年の初冬に結婚しました。

いつか赤ちゃんほしい!と思ってた気持ちが、結婚したら、もっと強くなりました。 愛する人の赤ちゃんを抱きたい! にぎやかで、笑いの絶えない、温かい家庭を築きたい!

そんな風に気持ちを膨らませてはいたものの、 入籍と同時に一緒に住みはじめた彼の部屋からまずは引っ越ししないとだし、 妊娠する前に、やっぱり新婚旅行にも行っておきたいし…

早く妊娠できたら嬉しいけど、 まずは二人の生活をちゃんと整えて、楽しんでからがいいかな、って思っていました。

引っ越しは年明け早々に順調に終わり、新婚旅行は今年の春に沖縄へ! 思いっきり楽しんで、帰ってきたその2週間後。

そろそろ来るはずの生理が・・・来ない!

これは、もしかしてもしかすると、ハネムーンベビー!?

過去に生理がほとんど遅れたことのない私は、3日遅れた時点で確信し始めてました。 旦那に話すと、一緒になって手放しで喜んでくれました。

期待を膨らませ、すぐに本屋で妊娠・出産に関する本を買い、一緒に熟読。 仕事はどうしよう?里帰り出産はどうする?両親にはいつ話そう!? …なーんて、今後のことを、いっぺんにあれこれ考えはじめました。

完全に妊娠モードに入ってワクワクしながら眠った、その次の日の朝。

下腹部にいやーな痛みを感じながらトイレに行くと… 毎月見てるおなじみの色が、そこには。

自分でもビックリするくらい、深ーく落ち込んでしまいました(笑)

赤ちゃん欲しい!と言いつつ特別に何か努力をしていた訳ではなかったし、 基礎体温で大体のタイミングを意識していただけ。 あくまでも“授かりものだよね”って、二人でよく話していました。 考えてみたら、妊娠に関する知識はとっても乏しい状態でした。

そして、このことがあって初めて、 妊娠って決して簡単ではない!奇跡なんだ!って、思うようになりました。

自然に任せていいタイミングで授かれたらって思ってたけど、私はすでに35歳。

もし、すぐに妊娠できなかったら、後がない。 来月できなくて、再来月できなくて…って想像したら…

旦那に、やっぱり私、妊娠したいよ~!って気持ちを伝えたら。 私と、おんなじ気持ちでいてくれました。 ホント、嬉しかったな。

そこから、私の“妊活”が始まりました。

つづく。

初めて購入した妊娠・出産本。 買うのが早すぎてしまったけど、とっても役立ってます。 すべてがわかる妊娠と出産の本