かゆらな日記

3歳&0歳の娘の育児記録と、思うこと。

【二人目0ヶ月10日】出産当日のこと

早くも生後10日を迎えた次女。
もう、ずーっと前から4人家族だったような感じすらしています。

2歳の長女と、赤ちゃんの次女との生活は、今のところ想像していたものと違って、比較的穏やかな時間を過ごしています。

そろそろ出産当日のことを思い出してみます。

出産予定日のAM3時頃。

なんとなーく長女の時と同じように深夜に陣痛が来るような気がしていたので、予定日のこの日は一層眠りが浅く、お腹の張りが強くなってきたことにすぐ気が付く。
トイレに行ったら、明らかなおしるし
一人目の時より量も多くてビックリ。

張りと共に結構痛みもあるので陣痛タイマーで40分ほど計ってみると、既に7~10分間隔。
産院に電話したら即入院とのこと。

陣痛タクシーに電話。
2件登録しておいたうち1件目に電話すると配車まで50分待ちとのこと。
慌ててもう1件の方に電話すると、遅くても10分で迎えに行きますと言われホッとする。
2件登録しておいて良かった!

旦那に、朝になったら娘と来てもらう流れを確認し、爆睡している娘にいってきますを言って家を出る。
ひとりで向かうのはちょっと心細かったけど、なんだか冷静だった。

AM4時半、産院到着。

陣痛室で着替えてNST
陣痛は約7分間隔。
子宮口の開き具合はこの3日前の健診のときと同じ4センチ。
陣痛ピーク時はちょっと辛いけど、横になっていれば我慢できる強めの生理痛のような痛み。

AM7時頃

陣痛は5~7分間隔。
イマイチ進んでる感覚はないんだけど、痛みは強くなってきたようでピーク時は手に力が入って呼吸に集中しないと越えられない程度に。
子宮口は5~6センチ、赤ちゃんはかなり下がってきたと言われる。

AM8時頃

朝食が運ばれてくるが、既に食べる余裕は全くなし。
陣痛時用のメニューらしくおにぎりと味噌汁の他ゼリー飲料などが並んでた。

元々LDRを希望してたんだけど、お産が重なっていたため、ここでやっとLDRに移れることに。
子宮口全開になる前でよかった!

AM8時半

子宮口7~8センチ。
一人目の時の息み逃しは、旦那にお尻をテニスボールで押してもらってもどうしてもいきんでしまい、赤ちゃんが苦しんでると思いながら陣痛に耐えるのがかなり辛かった。
今回は自分一人なので、とにかく呼吸に集中していただけなんだけど不思議といきまずにいられた。

AM9時

子宮口はまだ全開ではないけど、陣痛の間隔が短くなってきて、助産師さんに「そろそろいきんでみましょうか?」と言われる。
もういきんでいいの!?という感じでびっくりする。
少しずついきみ始める。

AM9時半

旦那到着。
娘は託児室へ。

旦那が間に合ってよかった。
助産師さんが「赤ちゃんはきっとご主人を待ってたんですね~」と言う。
そうだなぁと思いながらも、もし陣痛室にいる時に来てたら返って私が弱音を吐いたり息み逃しもうまくできなかったと思うので、いいタイミングで来れたなぁ~と思う。

まもなく子宮口は全開に。

赤ちゃんの髪の毛が見えてきた頃にはとにかく痛くて痛くて我を忘れて叫んでました。
そのためこのあたりから生まれるまでの経過をあまり覚えておらず。

ただひたすら、もうすぐ赤ちゃんに会える!ということだけは頭の中でずーっと復唱していました。

そして気付いたら旦那が
「出てきた!」
と言い、あぁ、やっと終わるんだ…!と。

大きな産声が聞こえて、いっぺんに空気が変わりました。

そこからは、あっという間に赤ちゃんが私の胸の上に。
お腹の上にいるときと、お腹の中にいるときが、全く同じ感触!!!と思いました。

その後の処置も予想どおりなかなか壮絶でしたが、長女の時よりも早く終わって安心したのは覚えています。

また、託児に預けている長女もすぐ連れてきていいとのことで旦那が迎えに。

赤ちゃんに初対面した長女は、笑顔で「赤ちゃん!」と行ってすぐに近づき、頭をそっと触ってくれました。

涙がでるほど嬉しかった!

すんなり受け入れてくれるとは思ってなかったのでびっくり。
もちろん、このあと入院中にやっぱりやきもちを妬いたりしたのですが、最初の娘の笑顔は、忘れられない思い出です。

出産はもういい…と思えるくらいに辛かったけど、やっぱり無事に生まれてきてくれた赤ちゃんをこの手で抱いた時の気持ちは何物にも代え難く。
しばらくは幸せの余韻にどっぷり浸りたいです。

【二人目0ヶ月5日】二人の娘との入院生活

生後4日目の9月17日、無事に次女と一緒に退院して自宅に帰ってきました。

入院中は気が張ってたのか、家に帰ってきた途端に疲れがどっと出て、動けないくらいに。

それでもやっぱりわが家は落ち着く!
授乳後に二人の娘と一緒にぐっすり昼寝。
幸せ。

出産当日を含めて5日間の入院生活。
一人目の時は7日間だったので短いとはいえ、今回一番の心配は長女と離れて過ごすことでした。

長女が生まれたばかりの次女と初対面した時、受け入れてもらえるかドキドキしましたが、赤ちゃん!と言ってニッコリ笑って近づいてナデナデしてくれました。

その後も意外にも特に変わった様子もなく、いつも通りの長女に少し安心したものの、本当はショックなんじゃないか?無理しているんじゃないか?と返って不安に。

そして案の定。
その日の夕方、長女は旦那と自宅に帰り、初めて私と離れて眠る時になって、泣き出したそうです。

あとになってそれを聞いてたまりませんでした…
もちろん想定していたことですが、実際に泣かれるとこんなに辛いとは。

でも翌日の面会時間に再び病室に来た時は、ゴキゲンな笑顔で再開。
家族4人で楽しく過ごすも、再び帰る時間なって、私が帰らずに病室に残ることに気がつくと、表情が悲しそうな顔に一変。

それでも、涙をこらえて帰ろうとしたり、でも帰りたくないと動かなくなる姿に、私も泣きそうに。

結局そのままちょっと強引に一度離れてみましたが、病院の入り口まで行ったらずっと泣きやずに帰るに帰れなくなり。

その日から母子同室だったのでとても迷いましたが、こういう時のためにも旦那と上の子も宿泊できる産院を選んだのもあったので、帰るのをやめて一緒に泊ることになりました。

ただ病室で私が赤ちゃんに付きっきりなことで、かえって寂しくさせないか?と不安でしたが、旦那とうまく交代しながら、長女ともなるべくくっついて眠り、なんとか無事に過ごせました。

長女は何度か赤ちゃんの泣き声で起きてしまいましたが、だんだん慣れていったのか、そのうち起きることもなくぐっすり眠りました。

朝、起きた長女がニコニコしていつもの「おあよー(おはよー)!よくねた!」と言った時は、心底ホッとしました。

2歳でもとてもよく色んなことをわかっていて、私や旦那のこともよく見ているんだなって改めて実感。

その後は結局退院するまで家族みんなで病室に泊まったので、私自身も心強い入院生活でした。

最初からみんなで泊まる選択をしていたら長女の様子もまた違っていたのかもしれませんが、一度離れてみたことで気付けたことが沢山あったと思っています。

こうやって振り返ると、入院生活は赤ちゃんのことより長女とのことで頭がいっぱいだったみたいですが、もちろん赤ちゃんのことも色々ありました…!

でも赤ちゃんは大きく生まれたからか、おっぱいもよく飲んで、よく眠って、声も大きく元気で、育てやすい子かなって。今はそれが本当にありがたいです。

出産レポもこれから少しずつ書いていきたいと思います。

第二子、無事出産しました!

本日、出産予定日の9月13日、10時50分。

体重なんと3912g、身長54cmという、大きな大きな女の子を無事に出産いたしました!

毎回の健診で大きい大きいと言われ続けていたのでそれなりに覚悟はしてましたが、そこまで大きいとは…ビックリ!

途中までは順調に陣痛も進んで、一人目の時に全然できなかったいきみ逃しも今回は結構頑張ったのに、最後はなんだか未知の領域に入ってしまい大絶叫。
完全に痛みに負けてしまいましたが、無事に産まれてくれた娘の姿をみたら、本当に全てが吹っ飛びました。

どっしりと大きくて、一人目にそっくりな二人目の娘。
可愛くて可愛くて、もうたまりません!

母子同室になるのは明日からなので、今日はちょっとさみしい。
早くおっぱいもあげたいのに、産院の方針で授乳は出産翌日からとのことで、がっくり。

今日はとにかく身体を休めることに専念したいと思います。

とりいそぎご報告でした!

【二人目40週0日】出産予定日!おしるし&陣痛きた!

ついに予定日を迎えました。

日付が変わった頃から頻繁に張りやすくなって、最初は便意かなぁと思ってたけどだんだんと痛みが強くなり。

午前3時にはハッキリわかるようなおしるしがあり、気付いたら10分を切るくらいの感覚で陣痛がきてました。

慌てて病院へ連絡して陣痛タクシーでひとりで向かい、今、陣痛室です。

子宮口は前回の健診の時と同じ4センチ。

朝9時になったら託児室が使えるので、娘と旦那も来て、旦那に立ち会ってもらう予定。
今のところ出産に間に合いそう。

痛みが強くなっていくのがなんとも怖いけど、待ちに待った陣痛なのでちょっと嬉しくもあり。

そろそろ、余裕がなくなるかも。
がんばるぞ~!

【二人目39週6日】予定日前日の気持ち

出産予定日一日前となりました。

ここ一週間、夜中に何度もトイレで起きてはおしるしも陣痛もないことにちょっとガッカリ、ちょっとホッとしながら再び布団に戻るものの浅い眠りを繰り返し続け。

今日も何事もなく、朝を迎えました…!

旦那は産後に1ヶ月育休をとることになっているため、先週までに引き継ぎも終えており。
あとは産まれるのを待つだけ状態のため、今週は会社に行ってももう仕事にならないなぁ…と呟きながらも出社していきました。

また、今朝は母からメールが。
産まれるのをお父さんと二人で楽しみに待ってるねっていう、別になんてことはないメールなんだけど。
わざわざそんなことメールしてこないでいいよ…と思ってしまう自分。
待たれるのってありがたいことかもしれないけど、やっぱりちょっと焦ってしまいます。

陣痛待ちの1日1日を、もっとワクワクしながら過ごせたらいいんだけど。
早く産まれないかなぁって自分が一番思っちゃっているみたい。
赤ちゃんにプレッシャーかけてるのは、誰でもない私だよなぁ、と思う。

でも、娘とイチャイチャしてる時だけは、あぁ産後はこの時間が減るんだろうな、さみしいなって思えたり。

何より陣痛、出産が、やっぱり怖いので、娘の時のことを思い出すと、二人目も乗り切れるかが不安でいっぱいになります。

もう産みたい!でも怖い!の繰り返しです。

この状態がもしあと一週間でも続いたらキツイなぁ。
うーん、やっぱり早く産まれてきて!

【二人目39週5日】産まれそうで産まれない

昨日、39週4日は助成券なしでの妊婦健診でした。
高かった…!

赤ちゃんはついに3500gを超えました。
頭が大きいそうでちょっと不安ですが、先生いわく全く心配しなくていいとのこと。

そして内診では、子宮口が4センチ開いてると。
そんなに~?とビックリです。
娘の時は、4センチっていうとかなり陣痛の間隔が短くなってからだったので。
先週までは1センチだったので、順調に進んでますね~もうすぐですね~と言われました。

そして赤ちゃんの頭に触れるとのことで、よく動いてますと。確かに内診中は胎動が激しくなり、グリンと下の方が動いてました。
でも、まだ下がりきってはいないとのこと。

もう、あとは陣痛が起こるまでとにかく動くしかないみたい。
結構動いてるんだけどなぁ。
もっとかぁ。

そろそろ産まれそうな、まだのような。
こればっかりは自分でも本当に分かりません。

赤ちゃんが産まれるまでは、1日1日、娘との時間がまた増えた~と思いながら、なるべくゆったりと待ちたいと思います。

【二人目39週2日】台風でプレ中止

39週に入って、陣痛が来ない1日がとっても早く感じます…!

娘の出産の時は、今日と同じ39週2日の午前3時におしるしがあって、その日の夕方に5分間隔の陣痛がきました。

でも、今朝は何事もなく目が覚めました。
このままあっという間に予定日を迎えそうな感じ。

今日は、ホントは娘の二学期最初のプレ幼稚園の日でした。
でも昨日、台風13号による大雨の予報がちょうどプレの時間とかぶっているため中止との連絡が!

台風の中、元気な娘と一緒に大きなお腹で行くのはしんどいなぁと思ってたので、かなりホッとしました。
娘は残念そうですが…おうちでいっぱい遊ぼうと思います。

今日のプレが中止になったことで、もう今すぐでも陣痛きていいよ~!って気分です。

そういえば、先月は低気圧の影響か、かなり体がしんどかったので健診の時に先生にも体調の悪さを伝えた際、「低気圧のせいでお腹が張ってるみたいですね」と言われました。

元々低気圧に弱くて頭痛がするタイプだったので、お腹の張りにも低気圧が影響するなんて!と思いつつ納得でした。

そのため、どうやら台風級の低気圧は結構妊婦さんに影響があるらしく。
ちょっと調べると、台風の日は破水しやすいとか、陣痛室や分娩室が混み合うとか…!
ホントだったらすごい。

台風の日に陣痛きたら病院まで行くの大変だろうなぁと思ってましたが、今はとにかく早く産まれてほしいよ~っていう気分なので、台風の力でもいいから借りたいです。